PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どこかにたどりつきたいと欲するならば、今いるところには、とどまらないことを決心しなければならない

今、生活保護を不正に受け、働かずして収入を得ている若者たちがいます。

生活保護という制度は、働きたくても働けない事情があり、それを行政が負担し補助するという制度です。

この制度を悪用する例が非常にたくさんあります。

この様に不正受給をしている人たちは、働けないのではなく、働かないのです。

また仕事をしている人たちの中にも今の現状で満足し、努力をしない人たちがたくさんいます。

それでは、俗に言う『偉い人』というのは何が違うのでしょうか?


良く耳にする会社への不平不満。

しかし私は思うのです。

そんなに不満があるのであれば、その不満を解消できるように頑張ってみてはどうかと。

不満というのは、多かれ少なかれ皆が持っている感情です。

しかし、その不満を口にするだけでは、いつまで経っても満足に達しません。

誰かが変えてくれるなどと思わない事だと思います。

不満があるということは、一種の活力があるということであって、そこには努力すればその不満を解消する糸口を掴むことができるかもしれません。

現状を受け入れ、ただ毎日同じことの繰り返しをする。

これでは仕事もルーティンワークになってしまいます。

偉くなるというと、人を蹴落としてでも這い上がるというイメージを持つかもしれませんが、それは努力をしなかった人たちからの偏見であり、昇進した理由は努力に過ぎないのです。

もちろん人を蹴落として偉くなった人もいるかもしれません。

縁故で偉くなった人もたくさんいます。

でも仕事をする中で一生懸命努力して昇進した人の知恵に勝るものはありません。

現場の知恵を持っているのです。

叩きあげられて偉くなる。

これほど努力と経験が必要なことはありません。

ですからこういう人にはたくさんの人が周りにいます。

その人の努力を知っている人たちが、この人を助ける為に一生懸命働きます。

自分が今置かれている立場に満足してはいけないと思います。

頑張って頑張って社長になったかもしれません。

でも社長とはその会社のリーダーと言うだけです。

ですから社長になったら今度は事業の拡大に向けてもっともっと働かなければいけないんです。

社長になった、偉くなったからと言って、毎日遊んで暮らせる世の中ではありません。

もっと現場を見なければいけないんです。

現場を見るということは、自分の会社の根幹を見るということです。

自分の会社がお客様に提供する商品を見るということです。

その根幹を常に改善していけばもっともっと大きなマーケットが開けてくるはずです。

我が部署にもたくさんの上司がいます。

ガラス張りの壁一枚奥に座っています。

でも一日を通して全く出てこない上司がたくさんいます。

現場で実作業を行っている従業員は慣れから危険な行為をしていたり、現場が散らかっている事があります。

これを一日に1回でも巡回することによって改善できるのです。


今の現状に満足していませんか。

私は不満こそが自分を高める一番のスパイスだと思っています。

そしてその不満を一つでも解消できるようにこれからも一生懸命働きます。



J・Pモルガン『心に響く名経営者の言葉』より
関連記事

| 名経営者の言葉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://syachounomeigen.blog79.fc2.com/tb.php/60-80caa143

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。