FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無理解な上司、先輩

人は十人十色であると同様に、会社にも色々な個性を持った人がいます。


『人格的にも仕事においても非常に立派で、親切文字通りかゆい所に手の届くような指導をしてくれる先輩』


その反対に


『人柄も関心しないし、指導もあまり良くしてくれない先輩』


もいると思います。

この場合どちらについた方が良いでしょうか?


常識的に考えれば、もちろんそれは立派な指導者・先輩についた方が成長も早く、技量も増えます。

私はもちろん立派な先輩とは言えませんが、ある程度まで成長するまでは、手とり足とり指導、アドバイスを行います。

これをしなければ仕事に必要な基礎を身に着けさせることができません。

そしてある程度独り立ちできた時、私は敢えて後者を演じます。

それは、私の考える

『守』・『破』・『離』

の精神に則っています。

これはある程度の基礎が身に着くまでは、私の真似をして基礎を身に着けて欲しい。

基礎が着いたら私の教えたことを応用して自分のやり方を模索して欲しい。

そして、私から離れ、自分の考え方・信念に基づいて成長して欲しい。

という考え方からその様にしています。


仕事というのは専門分野ですので、基礎が重要になります。

基礎がないのにいきなり自分の考えを押し出しても良い結果は生まれません。

ですから始めのうちは先輩の言葉、作業の一つ一つを確実に真似ます。

それが基礎を身に着ける為の最短な方法です。

そしてある程度基礎ができたら次は自分の考えを取り入れてみます。

応用してやってみた結果どうなったのか。

それが自分の経験になっていきます。

この積み重ねで自分の基礎が確立するとともに、問題に直面した時に解決するための引き出しが多くなります。

そして最終的には自分の考えを基に成長していくために、先輩の指導・考え方から離れ、自分の意志を持って仕事をします。

ですがここで間違えてはいけない事は、先輩の意見を無視するということではありません。

あくまでも教わった基礎に対して自分の考え方を取り入れるわけですから、基本的には先輩を尊重し、アドバイスを受けたりときには指導を受けたりすることも大切です。

仕事というものは、真似をしているだけではその人と同じレベルまでしか成長できません。

またどうしても『自分で考える』ことが疎かになり、困難に直面した時に対処が出来ない事もあります。

確かに立派な上司や先輩に指導してもらえることができたなら、それはそれで喜ばしいことです。

しかしその人の駒になってしまってはいけません。

自分で考え、日々成長する。

それが自分の一番の課題であると思ってください。

そうすればどんなに悪い先輩にあたったとしても成長することができます。

自分を輝かせるために、『常に考える』ことを忘れないでください。

それがあなたを成長させる一番の特効薬です。


松下幸之助『社員心得帖』より
関連記事

| 松下幸之助 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://syachounomeigen.blog79.fc2.com/tb.php/54-4b74b9d8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。