PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

この会社に入社したのは一つの運命である

会社に入るということは、入りたいという意志と、こんな人が欲しいという会社の意思が合致したときに叶います。

また一方が望んでいてもお互いの意思が合わず入社できない人もいます。

そういったことは、目に見えない繋がりで縁が生まれます。



これは生きていく中でその人たちの成長に必要な巡り合わせ、つまり運命だと言えると思います。


会社生活を過ごしていく中で、色々な困難にぶつかったり、煩悶することもあります。

しかしここで、『これは自分の成長に必要な試練なんだ』と思えれば、困難に打ち勝つ強さを身に着けることができます。

こういった困難は、責任ある立場に就くに連れ、段々大きなものになってくることもあると思います。

その時、受け止めきれず、逃げ出してしまいたくなるかもしれません。

でもそれを運命だと考えれば、乗り越えるべき障害だと思うことができるのではないでしょうか。

それを解決できたときに、自分は1つ成長できるわけです。

何十年かある会社生活の中で、自分を高め、成長していくには、度胸も必要です。

一度経験したことは、次に同じようなことが起きても解決する技量が備わっています。

気持ちの持ち方次第で、同じ困難が大きくも小さくも見えます。

運命だと思えれば、そこに強い信念が生まれ、色々な方法を考えるようになります。

今ある困難は、自分の成長過程において必要として降りかかってきます。

一歩ずつ前進して、着実に成長する。

何でもできると無理に背伸びする必要はありません。


その時に遭遇したことを一生懸命に解決できるように努力する。


それが自分の糧になっていきます。

考えること、経験すること。

それは自分の財産であり、会社の財産でもあります。

そしてその様な努力は必ず見てくれている人がいます。

打ち勝つ信念を持ち仕事に励んでいれば、必ず前途ある会社生活になると思います。

希望を持って、一所懸命に打ち込むこと。

それが自分を成長させる早道です。


松下幸之助『社員心得帖』より
関連記事

| 松下幸之助 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://syachounomeigen.blog79.fc2.com/tb.php/52-0a9c2b36

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。