PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

苦労なんかしたことない。嫌な気持になったり、大変なことはしょっちゅうある。なんでそれが苦労なの。エクスタシーなんです

『転機は?』と聞かれても、会社なんて毎日が転機みたいなもの


『しゃべっていると面白いからだと思います。私と一緒にいると面白いと思います。あとは、人をやる気にさせるのはうまいかもしれない。人を乗せるのがうまいんだと思います。そうするとみんな一生懸命働いてくれる。』

これはピーチ・ジョン社長野口美佳氏の一説です。

人を遣う上で、最も大切なことではないでしょうか。

一緒に仕事をしていて、面白くない関係になってしまえば不満ばかりになります。

また不満を抱えたまま仕事をしても決して良い仕事に結びつきません。


社員と打ち解け、いかに自分の価値観を共有してもらえるか。

いかにやる気を持って仕事をしてもらうかで、完成した仕事の出来栄えは雲泥の差が生まれます。

これは単におだてるということではありません。

おだてた結果に出来る信頼関係は、なあなあな状態、つまりけじめのない状態です。

しかしきちんと話をして、向かう方向性、価値観が共有できればそれは倍速的に発展します。

単純にやる気を出してもらうには、鼻先に餌を吊るしておけばいいかもしれません。

でも、強固な信頼関係に基づいて叱咤激励する中でやる気を引き出せたなら、必ず行く先に良い結果が待っています。

社員が一丸となり、団結して同じ目標に進めば、それはとても大きな力となります。

そしてやり遂げた時に、みんなで同じ達成感を得ることが出来るんだと思います。

この達成感を一度経験すると、社員の中から

『また頑張ろうよ!』

と自ずと声が上がるようになります。

こうして出来た集団の信頼関係は強固で、お互いの意思、価値観、方向性を皆が共有しているので、どんなことにも負けない強さになると思います。


また転機というものは、日々の企業活動の中で、毎日のように訪れます。

ひとつ判断を間違えれば、もしかしたら一気に下降してしまうかもしれません。

しかし、信頼関係にしても、考え悩むことにしても、それは苦労ではありません。

苦労どころか、前進するために必要なステップです。

これを日々皆で解決していくことが、躍進する企業力になると思います。


今起こった問題を先延ばししてはいけないと思います。

先延ばしした問題は、気づいた時には巨大化し、全く別の方向へ向かってしまうかもしれません。

問題が発生するたびにタイムリーに改善、改修していく。

これが成長です。

会社全体がこの様な雰囲気作りをしていると、全社を挙げて問題にいち早く気付き、対処することが出来ます。

気付き対処する力、これは企業発展の大きな原動力ではないかと思いました。



のぐち・みか

1965年生まれ。高校卒業後上京しグラフィックデザインを学ぶ。デザイン事務所、通信販売会社勤務を経て、1994年に輸入下着の通信販売会社ピーチ・ジョンを設立。現在ピーチ・ジョン・ザ・ストア香港店含め26店舗にまで成長している。


ピーチ・ジョン社長野口美佳『カンブリア宮殿村上龍×経済人社長の金言より』
関連記事

| 社長の金言 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://syachounomeigen.blog79.fc2.com/tb.php/42-d3d549df

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。