PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天は二物を与えないいと言っているが、その裏には必ず一物は与えている。

代わりのきく仕事は日本に残らなくなる


オンリーワンになるか、ナンバーワンになる。

単純なことでも世界一になる。

日本に残っている仕事というのは、余人をもって代えがたいもの、私にしか出来ないものにだんだん特化していくと思っているんです。

こう言っているのは各種計測器を製造販売している会社、堀場製作所の最高顧問堀場雅夫氏です。


『MADE IN JAPAN』

昔から変わらず、この言葉に世界の人々が物の購入基準として、信頼を寄せています。

たとえ同じ設計図を基に同じように製品を造っても、やはり日本製が手に取られます。

経済が発展した国と比較しても、やはり日本製なんです。

最近経済新興国の中国製商品を良く手にしますが、やはり仕上がりん関しては・・・

世界の土俵で他国と製品競争をする際、値段もそうですが、やはり製品に信頼が出来るかどうかで、お客さんの購入意欲は変わります。


安ければいい。


という流れが最近の風潮ではありますが、それでもなお求めているものは、≪高品質≫なんです。

私の会社でもそうですが、中国にあるグループ会社へは、遠い地方からわざわざ商品を求めて毎日たくさんのお客さんが訪ねてきます。

お客さんの求めているものは、金額もそうですが、何よりも≪品質≫なんです。

日系企業である私の会社は品質にこだわった生産をするため、日本から大勢のスーパーバイザーを送っています。

確かにそれでも日本で生産する製品とはまだまだ差があります。

機械も日本製、金型も日本製、使用部材も日本製で全て同じ状況で生産できる体制を整えています。

中国進出当時よりは従業員の考え方も日本寄りにはなってきましたが、それでもやはり根本の考え方に差があるので同じ物は造れません。

それでも中国市場はおろか、最近ではマカオや広州方面のお客さんが増えてきている様です。

やはり企業として何を目指すのかによって、進む方向も変わってきます。

≪品質≫を最重点項目として見つめてきた私の会社は間違っていなかったのだと思います。


私は今の会社に入社するまでに、4社の会社を渡り歩き、やっと自分の想う仕事像に近い企業に入社する事が出来ました。

これは新卒で入った会社では不可能だったのでしょうか?

私にとっては、そもそもの事業形態が相違していましたので、どうかと言われればNOでした。

しかし堀場製作所では違うようです。

人の絶対的能力にはそんなに差はないそうです。

大事なのは一人ひとりがどの様な個性を持ち、どの様な特技があるのかを見抜き、配置してあげるかが大事なんですね。

いわゆる【適材適所】です。

これは特に新入社員の場合など本当に難しい事だと思いますが、いかに上司が部下を愛し見守っていくかに尽きると思います。

その子の本質を見極めて、適した仕事をやらせてあげる。

そうするとその子は遺憾なく能力を発揮するそうです。

決まったことを決まった時間で決まったようにやりなさいと言うのか、あいつあれが好きだからあれをやらせてやろうと、興味を持った仕事をやらせるかで、仕事の効率は何倍にも増幅します。

どれだけ部下の事を見ているかが業績をも左右するかも知れませんね。

天は二物は与えていないかもしれませんが、逆をかえせば一物は与えているのです。

これを見抜く事が企業発展の早道なのかも知れませんね。


ほりば・まさお

1924年生まれ。京都帝国大学理学部在学中の1945年に堀場無線研究所を創業。国産初のガラス電極phメーターを開発し、学生ベンチャーの先駆けとなった。1953年堀場製作所を設立、1978年に代表取締役会長、2005年最高顧問に就任。また日本新事業支援機関協議会会長、京都市ベンチャー企業目利き委員会の委員長などを務める。


堀場製作所最高顧問堀場雅夫『カンブリア宮殿村上龍×経済人社長の金言より』
関連記事

| 社長の金言 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://syachounomeigen.blog79.fc2.com/tb.php/27-24de9de5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。