| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

この会社に入社したのは一つの運命である

会社に入るということは、入りたいという意志と、こんな人が欲しいという会社の意思が合致したときに叶います。

また一方が望んでいてもお互いの意思が合わず入社できない人もいます。

そういったことは、目に見えない繋がりで縁が生まれます。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 松下幸之助 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会社を信頼する

会社で働くときに一つ大切なことがあります。

それは

『会社を信頼する』

ということです。

これはその会社に入って何も知らないからこそ必要なことなんです。

≫ 続きを読む

| 松下幸之助 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無理解な上司、先輩

人は十人十色であると同様に、会社にも色々な個性を持った人がいます。


『人格的にも仕事においても非常に立派で、親切文字通りかゆい所に手の届くような指導をしてくれる先輩』


その反対に


『人柄も関心しないし、指導もあまり良くしてくれない先輩』


もいると思います。

この場合どちらについた方が良いでしょうか?

≫ 続きを読む

| 松下幸之助 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

積極的に提言を

新入社員が入るということは、新しい価値観、見方を入れるということだと思います。

現在の職場に赴任して2年が経ちました。

私もこの職場になれてしまい、着任当初『あれっ!?』と思っていたことが、普通に見えるようになってしまいました。

≫ 続きを読む

| 松下幸之助 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事の味を知る

『石の上にも3年』

皆さんもこのことわざを知っているでしょう。

これはどんなに石が冷たくても、その上に3年も座っていればだんだん暖かくなってくるという意味だそうです。

小さい頃は部活動、社会人になってからは仕事で良く耳にすることわざでした。

≫ 続きを読む

| 松下幸之助 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。